ECLは、マウンテンビューの施設で水素を主電源とする初のデータセンターを公開した。これは、持続可能な技術インフラにおける重要な一歩だ。同社はまた、研究開発の取り組みをさらに進め、国際的にプレゼンスを拡大するために、さらに1,000万ドルの資金を確保した。ECLのデータセンターは、AIワークロードの強力な電力需要を満たすように特別に設計されており、AIをイノベーションと運用効率に活用したい企業にソリューションを提供する。

同社のデータセンターは、グリッドから独立して動作するように設計されており、クラウドやハイパースケールのサービスプロバイダーを含むさまざまなクライアントにスケーラブルな容量を提供する。ECLは、業界で最も低い総所有コストと市場投入までの時間が最も短いことを誇り、場所、サイズ、密度をクライアントの仕様に合わせてカスタマイズできる柔軟性を備えている。同社のデータセンターには、リアルタイムの監視と調整を可能にする管理システムであるECL Lightning™ も装備されており、AIやその他の要求の厳しいアプリケーションに最適なパフォーマンスを保証する。

ECLの持続可能性への取り組みは、水素発電から生成された水と高度な熱交換器技術を利用する冷却イノベーションに表れている。これらのモジュール式データセンターは、1MW単位で拡張でき、顧客のニーズに合わせてカスタマイズでき、納品までの期間は業界標準よりも大幅に短くなっている。持続可能なベアメタルクラウドプロバイダーであるCato Digitalは、ECLの先駆的な施設の最初のテナントとして発表されており、高密度のNVIDIA DGXハードウェアを導入してデータセンターの機能を最大限に活用している。

CEOのYuval Bachar氏を含むECLのリーダーシップは、大手テクノロジー企業のトップ職での経験と業界標準への貢献から得た豊富な経験を持っている。Bachar氏のECLに対するビジョンは、水素を持続可能で効率的な電源として採用しながら、AIの高まる需要に応えることだ。同社の革新的なアプローチは、従来のデータセンターモデルの制約なしにAIの急速な拡大をサポートし、ECLの高度なインフラストラクチャーソリューションで未来への加速への道を顧客に提供することを目指している。

出典:プレスリリース