イーデザイン損保(東京)とNTT Com(東京)は、自動車保険の車両入替業務を対象に、生成AIを搭載した「バーチャルコンシェルジュ」の実証実験を行った。この試みは、顧客がスムーズに手続きを行えるよう支援することを目的としている。

実証実験では、生成AIの対話精度やバーチャルコンシェルジュのデザイン、安全な対話の実現を検証。イレギュラーなケースを含むシナリオでの対話精度や応答速度が評価され、商用化に向けた検討が進められている。

また、De-Identification Ltd.の動画生成AIを用いたバーチャルコンシェルジュは、自然な動作を目指しており、実務での活用が期待される。安心して利用できる対話を目指し、生成AIのフィルター機能も確認された。

今後、イーデザイン損保は顧客体験の向上を目指し、NTT Comは「tsuzumi」を活用した金融業界の顧客接点強化に取り組む。両社は、この実証実験を基に、サービスの高度化を目指していく。

ソース:NTT News Release