EdgeCortix Inc. は最近、エッジでの AI 処理機能を強化するために設計された洗練されたプラットフォームである SAKURA-II Edge AI アクセラレータを発表しました。このデバイスには、複雑な生成AIタスクを効率的に処理するように調整された同社の第 2 世代ダイナミック ニューラル アクセラレータ アーキテクチャが組み込まれています。SAKURA-II は柔軟性、低レーテンシー、高精度を提供するように設計されており、大規模言語およびビジョン モデル、マルチモーダル トランスフォーマー ベースのアプリケーションなど、さまざまなアプリケーションに最適です。

SAKURA-II には、EdgeCortix の最新のニューラル処理エンジンである DNA-II が搭載されており、実行時に再構成できるため、電力効率とリアルタイム処理が保証されます。8 ビット整数タスクでは最大 60 兆回/秒、脳浮動小数点タスクでは 30 兆回/秒の 16 ビット演算という優れたパフォーマンスを誇ります。このプラットフォームは、製造、セキュリティ、ロボット工学、航空宇宙、通信などの業界に対応する汎用性を持つように設計されています。

EdgeCortix の SAKURA-II は、異種コンパイラ プラットフォームと高度な量子化を含む MERA ソフトウェア スイートによってさらに強化されています。このスイートは主要な開発フレームワークをサポートし、さまざまなシステム構成に拡張できる統合ランタイムを提供します。Hugging Hugging Face Optimum と統合された MERA モデル ライブラリは、幅広いトランスフォーマー モデルへのアクセスを提供し、トレーニングからエッジ推論へのスムーズな移行を促進します。

EdgeCortix の CEO 兼創設者である Sakyasingha Dasgupta 氏は、SAKURA-II が低消費電力で高性能を実現し、エッジベースの生成AIソリューションの重要なテクノロジーとなることを強調しました。このプラットフォームの混合精度とメモリ圧縮機能により、顧客の多様なニーズを満たし、急速に変化する AI 環境に適応できます。SAKURA-II は、スタンドアロン デバイスやモジュールを含むさまざまな構成で提供され、2024 年後半に発売される予定です。

出典:プレスリリース