Emposy(東京都港区)は、Stable Diffusion向け拡張機能「Similarity Sifter」を開発。AIを用いた顔の類似度判定で、同一人物の画像を自動選別するツールだ。

「Similarity Sifter」はStable Diffusionに組み込み、顔の特徴を分析し類似度順に画像を並べ替える。効率的な選別を可能にし、作業時間を削減する。

特徴は、調整可能な類似度閾値、バッチ処理との連携、シンプルなユーザーインターフェイスなど。広告やエンターテインメント業界での応用が期待される。

木谷真也代表は「Similarity SifterはAI画像生成の活用範囲を広げる」と述べる。無料で公開されており、今後の展開が注目される。

出典:プレスリリース