EPAM Systems, Inc.は最近、著名な医療データ分析会社であるOdysseus Data Services, Inc.の買収を発表した。この戦略的動きは、高度な分析と人工知能技術の統合を通じて、ライフサイエンス部門を変革するEPAMの能力を強化するものだ。EPAMのライフサイエンス担当シニアバイスプレジデントであるGreg Killian氏は、この合併に熱意を示し、業界内でのイノベーションを推進する両社の補完的な強みを強調した。

マサチューセッツ州ケンブリッジに拠点を置くOdysseusは、医療データに関する貴重な洞察を生み出す専門知識で有名だ。同社のデータ分析に対する体系的なアプローチは、医療介入の理解を深めるための基礎となっている。Observational Health Data Sciences and Informatics (OHDSI)共同体への積極的な参加は、オープンスタンダードと科学への同社の取り組みを強調し、この分野の研究開発に大きく貢献している。

OdysseusのCEOであるGregory Klebanov氏は、EPAMファミリーの一員になることに興奮を表明した。彼は、EPAMのAI、機械学習、クラウドインフラストラクチャーに関する専門知識と、Odysseusのヘルスケアデータ分析における熟練度を組み合わせることで、ライフ サイエンスのバリューチェーンのニーズにさらに効果的に対応できるようになると強調した。このコラボレーションにより、研究、臨床研究、市販後調査が強化され、最終的にはこの分野の成果が向上することが期待される。

出典:プレスリリース