Exa Enterprise AI(東京都港区)は、法人向けChatGPTサービス「exaBase生成AI」がオープンAIの最新モデルGPT-4oに対応すると発表した。このアップデートにより、レスポンス速度の向上と回答精度の向上が期待される。さらに、画像アップロードによる内容認識と分析機能も追加される。

同社は、GPT-4oへの対応を通じて、現在提供中の「GPT-4 Turbo」よりも優れた性能を提供する。オープンAIのベンチマークによると、GPT-4oは他のモデルよりも高い性能を示している。画像認識に関しては、棒グラフの数値推測や手書き設計案のHTMLコード出力が可能になる。

Exa Enterprise AIは、Microsoft Azureを利用して「exaBase生成AI」のGPTサービスを運営している。GPT-4oへの対応はAPIを通じて行われ、既存ユーザーは追加申し込みなしで利用可能になる。料金体系はGPT-4と同様で、国内リージョンでの提供開始時期は未定である。

「exaBase生成AI」は、2023年6月のサービス開始以来、4万人以上のユーザーに利用されている。セキュリティーとコンプライアンスを重視し、利用状況の把握や禁止ワードの設定が可能である。また、生産性向上の効果をグラフで確認できる機能も提供しており、自社データを基にした利用も可能だ。

出典:プレスリリース