Gemini 1.5 Proは最近機能が拡張され、開発者に前例のない200万トークンのコンテキストウィンドウを提供する。この機能強化は、分析のためのより広範なデータ スコープを提供することで、複雑なタスクを容易にすることを目的としている。コンテキストウィンドウの拡大に伴う入力コストの潜在的な増加に対処するため、同社はコンテキスト キャッシュを導入した。この機能により、複数のプロンプト間でトークンを再利用できるため、効率が最適化され、経費が削減される。

数学的推論とデータ推論の精度を向上させるため、Gemini 1.5 Proと1.5 Flashの両方でコード実行が有効になった。開発者はこの機能を利用してPythonコードを生成および実行できるようになり、モデルが繰り返し学習して出力を改良できるようになる。インターネットから隔離された安全な実行サンドボックスには、必須の数値ライブラリーが含まれており、出力トークンに基づいて開発者に課金される。

同社はまた、Google AI StudioにGemma 2を導入し、AIの民主化にも大きく前進した。この取り組みは、開発者に実践的な体験を提供し、モデルを試してプロジェクトに統合できるようにすることを目指している。さらに、Gemini 1.5 Flashは、そのスピードとコスト効率が認められており、さまざまな開発者が既にさまざまな革新的なアプリケーションの実稼働環境で活用している。

最後に、同社はGemini 1.5 Flashチューニングを全ての開発者が利用できるようにするための取り組みを進めている。この開発により、本番環境でのモデルの信頼性と堅牢性が向上する。Gemini 1.5 Flashのテキストチューニングは現在レッドチーム作業中で、開発者に徐々にリリースされ、7月中旬までにGemini APIとGoogle AI Studioを通じてフルアクセスが利用可能になる予定だ。

ソース:Google Developers Blog