Gleanは、AIアシスタントプラットフォームを強化する新しいGleanアプリとGlean APIの広範なリリースを発表した。これらの追加により、ユーザーと開発者は、100を超えるSaaSアプリケーションと統合するアシスタントやチャットボットなどのカスタムAIツールを作成できるようになる。このプラットフォームでは、AnthropicとGoogleの高度な言語モデルもサポートされるようになり、タスクの自動化とAI主導の洞察の提供機能が強化された。

Gleanは2019年の設立以来、AIを活用した検索ツールから包括的なAIアシスタントプラットフォームへと進化してきた。そのテクノロジーは、企業の内部データを活用し、独自のナレッジ グラフを通じてパーソナライズされた応答を提供する。Gleanは堅牢なセキュリティーとガバナンスを重視し、グローバルなAI展開に対する企業のニーズに応える。

GleanのCEOであるArvind Jain氏は、会話型AIアシスタントの導入以来のプラットフォームの成長を強調した。プレビュー段階では、ワークフローを合理化し、生産性を向上させるように設計された多数のAIエージェントとアプリが作成された。GleanアプリとGlean APIが正式に利用可能になったことで、同社は組織内でカスタマイズされたAIエクスペリエンスのさらなる革新を期待している。

Gleanの拡張されたサービスには、ユーザーがさまざまなタスク用のAIエージェントを構築できるノーコードのGleanアプリや、接続されたアプリケーション内のアクションを自動化するGlean Actionsなどがある。開発者向けには、安全なデータ統合を備えたカスタムAIアプリケーションを作成するためのAPIがGleanから提供されている。このプラットフォームは複数の大規模言語モデルをサポートしているため、柔軟性が確保され、AIテクノロジーの最新の進歩にアクセスできる。Confluentなどの顧客は、Confluentを使用することで従業員の満足度と運用効率が向上したなど、既に大きなメリットを実感している。

出典:プレスリリース