グローバル・ブレイン(東京都)は、Canon MJ MIRAI Fund、京セラベンチャー・イノベーションファンド1号、SFV・GBファンドを通じて、チューリング(東京都品川区)への追加出資を実施した。これにより、合計6つのファンドからの支援が行われた。チューリングは、生成AIを用いた完全自動運転車両の開発に注力している。

チューリングはE2E自動運転技術を開発し、自社の生成AI「Heron」を用いて、未知の状況にも対応可能なシステムを構築。レベル5の完全自動運転実現を目指す。2023年9月には多言語対応の「Heron」をリリースし、JAPAN MOBILITY SHOW 2023でコンセプトカー「Turing Falcon」を展示した。

資金調達により、チューリングは「Gaggle Cluster」の構築や「Tokyo30」プロジェクトの実行、車載半導体「Hummingbird」の開発を進める。これらのプロジェクトを通じて、自動運転技術の事業化を加速させるため、人材採用を強化していく。

グローバル・ブレインはチューリングの技術力と組織力を高く評価し、追加出資を決定。チューリングの目指す新しい移動体験の実現に向けた支援を行い、モビリティー産業の変革に貢献する方針だ。詳細はグローバル・ブレインのウェブサイトで確認できる。URL https://globalbrains.com/

出典:プレスリリース