Google Cloudは、企業がこの新しい技術を採用し利用することを支援することを目的とした新しいツール、サービス、プログラムにより、ジェネレーティブAIを大きく推進することを発表した。また、PhotoRoom、Twilio、Neo4j、Salesforceなどの企業とのパートナーシップを拡大している。

Google CloudとPhotoRoom、生成AIで提携

ウェブサイト「Google Cloud Press Corner」によると、Google CloudはPhotoRoomと提携した。この提携により小規模事業者がAIを活用して高品質な商品画像を作成できるようになるという。

Google CloudとTwilio、AIを活用したカスタマーエクスペリエンス改善のための提携を強化

GoogleはTwilioとの提携も強化したと発表した。Twilio側のプレスリリースによると、これはカスタマーエクスペリエンスの向上が目的だ。顧客企業はTwilioのコミュニケーションプラットフォームとGoogle CloudのAI機能を利用して、カスタマーエクスペリエンスを向上させることができるようになるという。

Neo4j、グラフベースの機械学習モデルでGoogle Cloud Vertex AIと提携

Neo4jはGoogle Cloud Vertex AIと提携して、グラフベースの機械学習モデルをクラウドに提供することを発表した。この提携でより、企業はグラフデータを利用することで、より精度の高いMLモデルを構築できるようになるという。

SalesforceとGoogleもAI活用したソリューションで提携

SalesforceがGoogle Cloudとの提携し、両社で企業向けのAIを活用したソリューションに取り組むことを明らかにした。Salesforceのプレスリリースによると、このパートナーシップは、SalesforceのAIプラットフォーム「Einstein」とGoogle Cloudの機械学習技術を活用したソリューションの開発に注力するとのことだ。

GoogleがBardの推論機能を強化し、Sheetsへのに新しいエクスポートアクションを追加

Google Blogによると、GoogleはBardを2つの点で強化した。まず数学的なタスクや、コーディングに関する質問、文字列操作に強くなったという。そして、Google Sheetsへの新しいエクスポートアクションが追加された。例えば「動物保護施設のボランティア登録のための表を作成してください」と頼んだ場合、Bardが回答として表を作成した場合、それをSheetsに直接エクスポートすることができるようになったという。

こうした提携や機能強化は、AI分野で競争力を維持しようというGoogleの強い意志を示すものだ。