最近のコラボレーションでは、エリック・フーやショーナ・Xを含む4人のビジュアルアーティストが力を合わせ、AIの芸術的可能性を探求しています。彼らは「Infinite Wonderland」というプロジェクトに着手しました。これは、AIで強化された創造性というレンズを通して、古典作品「不思議の国のアリス」を再解釈するものです。アーティストたちはそれぞれ独自の視覚的解釈を提供してAIモデルをトレーニングし、小説にインスピレーションを得た画像を無限に生成できるようにしています。

このプロジェクトでは、 Google DeepMind の Imagen 2 AI 画像生成モデルが使用され、StyleDrop と呼ばれる技術を使用して微調整されました。この方法により、アーティストは自分の画像をほんの数枚用意するだけで、独自のスタイルを AI に刻み込むことができ、スタイルの転送に通常必要な膨大な参照ギャラリーが不要になりました。反復的な微調整プロセスにより、アーティストは AI を導き、自分の芸術的ビジョンに共鳴するアートワークを制作することができ、これまで不可能だった規模の創作を実現しました。

『Infinite Wonderland』は、人間の創造性と人工知能の新たな交差点を象徴する作品で、アーティストたちはAIの成果を形作るだけでなく、インタラクティブなストーリーテリングの新しい形を切り開きました。読者はそれぞれ、本の中の文章ごとに独自の視覚体験を生み出すことができ、物語は個人的な旅になります。参加アーティストの一人である早川晴子氏は、これらのAIが生成した世界を作り上げる上で、人間の要素が果たす重要な役割を強調しました。

この取り組みは、AI を創作プロセスに統合する幅広い取り組みの一環であり、アーティストがテクノロジーを駆使した芸術の領域を今後も拡大していく様子を垣間見ることができます。AI モデルが進化するにつれ、新しい形の共同創作と芸術表現の可能性は無限に広がっています。興味のある方は、「Infinite Wonderland」に飛び込んで、AI と人間の想像力の融合を直接目撃してください。

ソース:The Keyword, Google