Goviniは2024年の国家安全保障スコアカードを発表し、米国の防衛能力の現状に関する重要な洞察を明らかにした。このレポートは、米国の防衛戦略における重大な不均衡を浮き彫りにしており、すぐに導入できるAIソリューションよりも人工知能(AI)の研究開発に過度に重点が置かれていると指摘している。さらに、スコアカードは、主要な兵器システムにおけるサプライチェーンの大きな脆弱性を指摘しており、これが国家安全保障を危険にさらす可能性がある。

GoviniのCEOであるTara Murphy Dougherty氏は、世界的な勢力図を決定する上で、技術の優位性が極めて重要な時期であることを強調した。同氏は、スコアカードは、将来の紛争で米国が軍事的優位性を維持するために改善しなければならない重要な分野を特定していると指摘した。調査結果は、敵対国が高度な技術に投資している一方で、米国にはその欠点を克服し、地位を確保する機会があることを示唆している。

スコアカードの分析によると、特定された12のAIサブカテゴリーに対する米国の投資の大部分は研究段階のままであり、生産準備が整ったアプリケーションに十分な重点が置かれていない。さらに、7つの主要な防衛プログラムには、単一ソースのサプライヤーや部品補充のタイムラインの延長など、軍の即応性を妨げる可能性のある重大な取得リスクがあることが特定されている。

さらに、レポートでは、中国が重要な技術の開発を急速に進めており、戦略計画に沿った主要分野の特許取得で米国を上回っていることが指摘されている。この傾向は、米国が競争力を維持するために技術開発へのアプローチを適応させる緊急性を強調している。将来の戦争に不可欠とみなされる技術の完全な方法論と包括的な評価は、Goviniのウェブサイトの完全なスコアカードで入手できる。

出典:プレスリリース