Grammarlyは最近、ロンドンテック ウィークのゴールドパートナーとして重要な役割を担い、技術革新に関する対話に貢献した。6月10日から12日まで開催されたこのイベントには、テクノロジー業界のリーダーや熱心なファンが集まり、進歩や共同事業について話し合った。

イベント中、GrammarlyはCDWと共同で、生成AIテクノロジーの倫理的使用と革新的なアプリケーションに焦点を当てたファイアサイドチャットを主催した。ディスカッションでは、企業のコミュニケーションと業務効率を改善するためのパートナーシップの取り組みが強調され、責任あるイノベーションの重要性と生成AIプロジェクトの長期的な実行可能性も強調された。

Grammarlyのチャネルセールス責任者Ty Rottare氏は、情報過多やメッセージングプラットフォームの急増など、現代のコミュニケーションの課題に関する見解を共有した。同氏は、GrammarlyのAIソリューションが、企業に明確でカスタマイズされたサポートを提供し、これらの問題への対応を支援するように設計されていると説明した。CDWとの提携は、組織内で責任あるAI文化を育み、倫理およびプライバシーに関する懸念を慎重に考慮しながらイノベーションのバランスをとるための一歩として紹介された。

Grammarlyはパートナーネットワークを拡大し、生成AIツールの配布とアクセス性の向上を目指してTD SYNNEXとの新しい契約も発表した。この戦略的な動きは、世界規模と効率性を活用し、GrammarlyのAIライティング支援サービスの範囲と影響をさらに拡大することを目指している。Grammarlyのパートナーシップの詳細については、同社の専用ウェブページをご覧ください。

出典:プレスリリース