Grid Dynamics Holdings, Inc.は、ソフトウェア開発チームの効率を高めるために設計されたAI for Developer Productivity Toolkitを導入した。このツールキットは、アプリケーションの最新化、機能テストの自動化、クラウド展開の可観測性の向上など、特定の開発タスクに合わせてカスタマイズされた専用アプリケーションを提供する。これらのターゲットシナリオに重点を置くことで、このツールキットは汎用コーディング ツールやコパイロットに代わるより効率的な手段を提供することを目指している。

同社の最新の製品には、顧客の増大するニーズに応える3つの新しいツールが含まれている。AIアプリケーション最新化ツールは、古いアプリケーションのアーキテクチャー分析を実施し、更新されたテクノロジースタックの詳細な仕様を作成し、これらの仕様を直接コードに適用する。AIテスト自動化ツールは、アプリケーションのビジネスロジックを調べ、テスト ケースを生成し、テストコードを自動化することで、エンドツーエンドの機能テストの作成を効率化する。最後に、AI Assistant for Cloud Observabilityは、クラウドデータと可観測性システムの自然言語クエリーを可能にすることで、サイト信頼性エンジニアの生産性を高め、問題解決に必要な時間を短縮することを目指している。

Grid Dynamicsのテクノロジー担当副社長であるIlya Katsov氏は、汎用のGenAIコパイロットは広く使用されているものの、開発者の生産性を高めるGenAIの潜在能力を十分に活用していないことを強調した。新しくリリースされたツールは、ニッチなユースケース向けに特別に設計されており、自動化と生産性の向上をさらに進めることができる。これらのツールは、Grid Dynamicsのエンジニアリングチームによってさまざまなプロジェクトで既に実装されており、現在はクライアントのエンジニアリング チームに提供されている。

Grid Dynamicsの開発者生産性向上のためのAIツールは、特定の開発課題に対処する革新的なソリューションを提供するという同社の取り組みを表している。これらのツールは主要なLLMサービスプロバイダーと互換性があり、同社のGigaCube成長戦略に沿ってプライベートLLM展開に統合できる。これらのAIツールの詳細については、同社のウェブサイトをご覧ください。

出典:プレスリリース