Hewlett Packard EnterpriseとNVIDIAは、重要なコラボレーションの一環として、企業向けの生成AIの統合を促進するように設計された包括的なAIソリューションスイートであるNVIDIA AI Computing by HPEを発表した。この取り組みには、革新的なHPE Private Cloud AIが含まれており、NVIDIAのAIコンピューティング、ネットワーキング、ソフトウェアとHPEのストレージおよびコンピューティング機能を全てHPE GreenLakeクラウド環境内で統合する。このソリューションの目的は、さまざまな規模の企業に、AIアプリケーションの開発と展開に対する効率的で持続可能なアプローチを提供することだ。このアプローチは、IT運用を強化するOpsRamp AI Copilotによってサポートされる。

このコラボレーションは、共同の市場開拓戦略にまで及び、セールスチーム、チャネル パートナー、およびDeloitte、HCLTech、Infosys、TCS、Wiproなどのシステムインテグレーターのグローバル ネットワークを活用する。これらのパートナーシップは、企業がさまざまな業界にわたる複雑なAIワークロードを管理するのを支援する準備ができている。この発表はHPE Discover基調講演で行われ、HPEのCEOであるAntonio Neri氏とNVIDIAのCEOであるJensen Huang氏が、両社の長年にわたるパートナーシップと、エンタープライズAI機能の発展に向けた取り組みについて説明した。

Antonio Neri氏は、断片化されたAIテクノロジーに伴う複雑さとリスクに対処することの重要性を強調した。断片化されたAIテクノロジーは、企業による広範な導入を妨げ、データセキュリティーを脅かす可能性がある。HPEとNVIDIAが共同開発したプライベートクラウドAIソリューションは、企業が生産性を高め、新たな収益源を生み出す新しいAIユースケースの作成に集中できるようにすることを目的としている。Jensen Huang氏は、業界全体にわたる生成AIとアクセラレーテッドコンピューティングの変革的影響について語り、AI拡張のための高度なコンピューティングインフラストラクチャーを提供するNVIDIAとHPEテクノロジーの前例のない統合について言及した。

NVIDIA AI Computing by HPEの製品は、グローバルシステム インテグレーターのネットワークによる販売、トレーニング、サポートを含む包括的な戦略を通じて提供される予定だ。このコラボレーションは、明確なビジネス上のメリットがあるAIソリューションを開発している企業の価値実現までの時間を短縮することを目的としている。さらに、HPEはNVIDIAの最新のGPU、CPU、スーパーチップのサポートを発表し、最先端のAIテクノロジーとの互換性を確保している。HPEプライベートクラウドAIと関連サーバーの提供開始は今年後半を予定しており、企業向けの高度なAIインフラストラクチャーへのアクセス性において大きな前進となる。

出典:プレスリリース