Humane Inc.は、さまざまなタスクを実行することで日常生活を向上させる最先端のウェアラブルAIデバイスであるHumane Ai Pinを発表した。現在購入可能なAi Pinは、デジタルアシスタントとして機能し、ユーザーの周囲の環境から気を散らすことなく、情報の検索、メモの作成、瞬間のキャプチャー、コミュニケーションの管理を行うことができる。

Humaneの共同創設者であるImran Chaudhri氏は、インテリジェントテクノロジーを日常生活にシームレスに統合するという同社の取り組みを強調した。独自のCosmosオペレーティングシステムを搭載したAi Pinは、テクノロジーとのやり取りを簡素化し、現実世界でユーザーの存在を維持するように設計されている。CEOのBethany Bongiorno氏が説明したように、このデバイスの機能はユーザーとのやり取りから学習する機能まで拡張され、時間の経過とともにその有用性が向上する。

Ai Pinには、クエリー、ハンズフリー通話、メッセージング用のAIマイク、写真や動画をすばやく撮影できるカメラ、50以上の言語をサポートする言語通訳など、さまざまな機能が搭載されている。また、目立たないレーザーインク ディスプレーと、終日使用できる永久電源システムも備えている。このデバイスは、無制限のAIクエリー、通信サービス、メディア用のクラウドストレージを含む月額プランで動作する。

将来を見据えて、HumaneはAi PinとCosmosエコシステムを拡大するためのソフトウェア強化、新機能、パートナーシップの計画を概説した。同社はまた、視覚的な理解を提供するベータ機能であるVisionを導入し、開発者向けのSDKのリリースを発表した。戦略的な国際パートナーシップは、Ai Pinの体験を世界中のユーザーに提供することを目指している。このデバイスは現在、Humaneのウェブサイトでさまざまなバンドルオプションとアクセサリとともに米国で入手可能だ。

出典:プレスリリース