IBMとオールイングランド・ローンテニス・クラブは、ウィンブルドンのファン向けに、選手権期間中に選手の最新情報を提供することでファン体験を向上させる新しいデジタル機能を発表した。IBMのGranite LLMとwatsonxプラットフォームによって実現される「Catch Me Up」機能は、AIによって生成された選手のストーリーと分析を提供し、ウィンブルドンのウェブサイトとアプリからアクセスできる。この革新的なツールは、個々のユーザーの好みに合わせて調整され、試合前の洞察と試合後の要約の両方を提供し、ファンがお気に入りの選手や試合を簡単にフォローできるようにする。

IBMが最近実施した調査では、世界中のテニスファンの大多数が、スポーツにおけるAIの潜在的なメリットについて楽観的な見方を示しました。回答者の半数以上が、リアルタイムの更新、パーソナライズされたコンテンツ、独自の洞察を特に評価し、プラスの影響を期待している。また、この調査では、追加情報やソーシャルインタラクションで視聴体験を向上させたいと考えているファンの間で、マルチデバイスの使用が増えている傾向も明らかになった。

IBMとウィンブルドンのパートナーシップは進化を続けており、今年導入された「Catch Me Up」機能は、世界中のテニスファンに包括的でパーソナライズされたコンテンツを提供するための大きな一歩となっている。この取り組みは、シングルスの試合の同時進行に対応するだけでなく、車いす競技にも対象を広げており、ウィンブルドンの包括性への取り組みを反映している。デジタルマッチ センターの主要コンポーネントであるIBM Slamtrackerも生成AIでアップグレードされ、簡潔な試合のプレビューとレビューを提供して、ファンの体験をさらに豊かにしている。

IBMの調査結果は、スポーツにおけるテクノロジーの影響力の高まりを強調しており、ファンは、ファンのエンゲージメントから選手のトレーニングやコーチングまで、ゲームのさまざまな側面を強化する上でテクノロジーが果たす役割を認識している。ウィンブルドンが近づくにつれ、ファンは公式ウェブサイトにアクセスするか、ウィンブルドンアプリをダウンロードして、新しいデジタル サービスを直接体験することをお勧めします。

出典:プレスリリース