iFLYTEKは最近、8つの主要な国際ベンチマークでGPT-4 Turboを上回った強力なAIプラットフォームであるSpark V4.0を発表した。この成果により、iFLYTEKはAI業界のリーダーとしての地位を固めた。北京での発表イベントは、MWC上海展示会での同時ショーケースによって補完され、同社はさまざまなソフトウェアおよびハードウェア製品に統合されたSpark V4.0の機能を実演した。

MWC上海イベント中、iFLYTEKの消費者ビジネスグループ副社長は、新しい業界標準を設定する上でのSpark V4.0の重要性を強調した。同社は、高度なAIモデルテクノロジーを活用して、企業と個人消費者の両方に包括的なソリューションを提供することに重点を置いている。

エンタープライズ部門向けに、iFLYTEKはビジネスプロセスを最適化するように設計された一連のAIソリューションを導入した。これには、契約レビュー時間を大幅に短縮するSpark Contract Assistant、Spark Intelligent Bidding Evaluation、Spark Intelligent Coaching Systemなどがあり、全て自動化による効率性の向上を目指している。さらに、同社はデータ統合と市場分析を支援するためにSparkDashとSparkInsightを立ち上げた。

消費者向けでは、Spark V4.0を活用して仮想キャラクターを作成し、コンテンツ作成者を支援するAI CharacterやTurboDeskなどの革新的な製品をiFLYTEKが展示した。翻訳機やスマートレコーダーなどの同社のスマート ハードウェアはSparkテクノロジーで強化されており、多言語の文字起こしや議事録作成機能が向上している。

iFLYTEKは、大規模言語モデルテクノロジーとその実用的なアプリケーションの発展に注力し、世界中のユーザーに価値を提供している。グローバル展開の一環として、同社は北米、ヨーロッパ、東南アジアに事業範囲を広げており、シンガポールとドバイに新しいオフィスを開設して、中国のAIイノベーションをより幅広いユーザーに紹介する予定だ。

出典:プレスリリース