助太刀(東京都新宿区)は、建設業特化の求人サービス「助太刀社員」において、生成AIを活用した求人原稿自動作成システムを導入した。このシステムにより、企業は効率的に魅力的な求人原稿を作成できるようになる。

同社は「建設現場を魅力ある職場に。」をミッションに掲げ、マッチングサービス「助太刀」を通じて職人と工事会社のマッチングを促進している。20万を超える事業者が登録し、建設業界の人手不足解消に貢献している。

新システムでは、必要な募集概要を入力するだけで、AIが自動で求人原稿を生成する。これにより、現場担当者は原稿作成にかかる時間と労力を削減し、より多くの情報を盛り込んだ原稿を簡単に作成できるようになる。

助太刀は、建設業界の課題解決を目指し、サービスの拡大を進めていく。同社の提供する「助太刀」および「助太刀社員」は、業界内での新たな出会いや人材採用の場を提供し、建設業界の発展に寄与している。サービスサイトやYouTubeチャンネルを通じて、さらなる情報提供を行っていく。

出典:プレスリリース