MODE(米国カリフォルニア州サンマテオ)は、AIとIoTを活用した「BizStack Assistant」に最新の大規模言語モデル「GPT-4o」を実装した。このAIアシスタントは、IoTで取得した作業現場の状況をリアルタイムで報告し、2024年7月4日に開催されるIVS2024 KYOTOでデモを披露する。

「BizStack Assistant」は、建設業や製造業の現場データを一元化し、チャットを通じて情報や業務知識を提供する。ユーザーはチャットツールから簡単に問い合わせることで、センサーデータやマニュアルを活用できる。

「GPT-4o」の導入により、AIの回答精度と速度が向上し、最新データを基にした情報提供が可能になる。これにより、企業のニーズに応じた価値を提供する。

MODEは、音声や画像に対応する機能を順次実装し、顧客の事業成長を支援する方針だ。IVS2024 KYOTOでは、パナソニックのブースに出展し、最先端のAI技術を紹介する。

出典:プレスリリース