Ironclad は最近、OnePoll が実施した包括的な調査の結果を発表しました。この調査では、法律分野における人工知能の姿勢と導入について掘り下げています。米国全土の 800 人の法律専門家から洞察を集めたこの調査では、法律事務所の法律部門と比較して、特に企業の法務部門では AI に対する大きな傾向が明らかになりました。

この調査では、法律専門家の間で AI に対する信頼度が高く、大多数が AI ツールを使用して仕事の質を高めていることが示されています。特に、社内の法務チームが AI 導入の先頭に立っており、大多数が企業から AI の使用を許可されており、かなりの数の法務チームが AI を日常業務に積極的に取り入れています。対照的に、法律事務所はより慎重で、AI の使用率が低く、AI ツールの全面禁止の可能性が高いです。

この調査では、法律業界におけるタスクの過負荷と厳しい締め切りによって一般的に引き起こされる仕事への不満を軽減する AI の可能性にも光を当てています。弁護士のかなりの割合が、AI が仕事関連のストレスを軽減できると考えており、すでに多くの人が AI のおかげで時間の節約や日常的な作業の軽減を経験しています。さらに、このレポートでは、適切な規制によって職場での AI の使用に対するオープン性が強化される可能性があることを示唆しています。

最後に、この調査では、メタデータのタグ付けや契約書内の危険な条項の特定など、AI が最も有益であると考えられる主要な分野を特定しています。弁護士はまた、調査、判例の要約、訴訟用文書のレビューにおける AI の価値を認識しています。調査結果は、AI が法務の生産性を高め、専門職の将来を形作る役割について、楽観的な見方が高まっていることを示唆しています。

出典:プレスリリース