著名なエンジニアリング管理プラットフォームであるJellyfishは、GitHub Copilotがエンジニアリングチームの生産性に与える具体的な効果を測定するために設計された先駆的なツールである、新しいGithub Copilotダッシュボードを発表した。この革新的なダッシュボードは、エンジニアリングプロセスへのAI統合のメリットを定量化するという業界の課題に対するソリューションとして登場した。

Jellyfishが2024年のエンジニアリング管理の現状レポートのために実施した最近の調査では、AI導入に対する経営幹部とエンジニアの認識が著しく異なることが明らかになった。経営幹部の大多数がチームのAI活用に自信を持っている一方で、エンジニアの3分の2未満が同意している。この食い違いは、エンジニアリングにおけるAIの導入と影響を評価および管理するための信頼性の高い方法が必要であることを浮き彫りにしている。

JellyfishのCopilotダッシュボードは、エンジニアリング組織にGitHub Copilotの採用だけでなく、サイクルタイム、コード コミット、製品提供の加速などの主要なパフォーマンス指標への影響を測定するための重要な指標を提供することで、このギャップを埋めることを目指している。Jellyfishの製品責任者であるKrishna Kannan氏は、GenAIコーディングツールの真の価値を理解するための業界の共同の取り組みと、正確な影響測定を提供することでこのニーズを満たすようにCopilotダッシュボードがどのように構築されているかを強調した。

Copilot Dashboardの導入は、エンジニアリング業務の有効性と可視性を高めるというJellyfishの継続的な取り組みの一環だ。これは、エンジニアリング組織の健全性に関する定性的な洞察を提供するJellyfish DevExを含む同社のツールスイートを補完するものだ。これらのツールを組み合わせることで、エンジニアリング チームが直面する複雑な課題に対処し、優れたエンジニアリングプラクティスの開発を促進することを目指している。

出典:プレスリリース