AI音楽プラットフォームJenがアルファ版をリリースし、倫理的なAI音楽制作の新たな先例を打ち立てた。このプラットフォームは40を超える完全ライセンスのカタログを誇り、著作権法とアーティストの報酬を遵守している。Jenのテクノロジーは創作プロセスを簡素化し、ユーザーが既存の著作権を尊重しながら音楽を制作できるようにする。

Jenの共同設立者であるシャラ・センデロフ氏は、既存の創造性を尊重することと、将来の音楽制作のための新しいツールの採用とのバランスを取ることの重要性を強調した。Jenは、クリエイターのための共同ツールとして設計されており、スタジオでのアイデア創出と反復の能力を高める。このプラットフォームは、音楽の権利保有者とのパートナーシップの結果であり、業界標準に合わせることを目指している。

Futureverseが開発したJenの高度なテクノロジーは、そのチームの専門知識を示すものであり、その研究は権威あるジャーナルで認められ、著名なAIラボで引用されている。このプラットフォームは、さまざまなタスクに対応する波形ベースの潜在拡散など、洗練された機能を備えた高忠実度の音楽生成を提供する。Jenのコンプライアンスプロセスは厳格で、著作権識別の自動審査とブロックチェーンベースの検証システムを備えている。

このプラットフォームは、ユーザーが作成した音楽を所有し、場合によっては販売できるようにすることで、個人の作曲にマーケットプレースの側面をもたらす。Senderoff氏や音楽業界のベテランMike Caren氏を含むJenの創設チームは、倫理的なライセンスアプローチに取り組んでいる。アルファ版のリリースに伴い、Jenは、カスタマイズされた音楽コンセプトの学習を可能にする、近日発売予定のStyleFilter™ テクノロジーに関する研究論文も発表した。詳細については、Jenの公式ウェブサイトでJenの提供内容と研究をご覧ください。

出典:プレスリリース