JTP(東京都品川区)は、ソフトバンクとの協業を発表。企業向け「生成AIパッケージ」の一部機能を共同開発した。労働人口減少やDX進展に対応し、生成AIの活用を促進する。

同社はAIサービス「Third AI」を通じて、チャットボットや画像検索などを提供。今回の技術提供により、ソフトバンクの法人サービスが強化される。お客様データ連携やプラグイン活用で、業務効率の大幅な向上が期待される。

ソフトバンクの「生成AIパッケージ」は、Azure OpenAI Service環境を利用。セキュアなAI導入を支援する。ソフトバンク執行役員の竹綱洋記は、JTPとの協業によりDX推進が加速するとコメント。

JTPは今後もエンタープライズ市場へのサービス展開を加速。生成AIを活用した新ビジネスモデル構築に注力する。Third AI生成AIソリューションは、セキュリティーと利便性を兼ね備えたサービスとして、多様な業種での利用が進んでいる。

出典:プレスリリース