KickGPT(神奈川県横浜市)は、オランダのアムステルダムで開催されたSoccerex世界サッカービジネス大会で、スポーツ業界に特化した生成AI技術「KickGPT」を発表。このプロジェクトは、サッカー業界に特化したChatGPTとして、業界に新たな価値を提供することを目指している。生成AIの活用はまだスポーツ業界では少なく、KickGPTはその可能性を探る。

Soccerexは、サッカー業界の最大のビジネスイベントであり、KickGPTはその公式パートナーとして登場。イベントはアヤックスの本拠地であるヨハン・クライフ・アリーナで開催され、サッカー界の伝説ウェスリー・スナイデルと白強が共同でこのビジネスを展開している。生成AIとAI IPを通じて、サッカー業界に新たな収益機会を提供することが期待される。

白強は、アメリカと中国でインターネットとAI分野の起業経験を持ち、東京に拠点を置く。東京はAIに対するリベラルな環境と才能ある人材を引き寄せる場所として選ばれた。KickGPTは生成AIで作成されたスナイデルのデジタルアバターを使用し、サッカー業界に紹介された。

KickGPTは、サッカー業界専用のChatGPTとして、IBM Professional ServicesのようなAI技術サービスと、CAAやGetty ImagesのようなAI IPの創造と管理を組み合わせたサービスを提供する。生成AIの広範な応用により、サッカー業界の収益増加と新しいビジネスモデルの創出が期待される。また、生成AIによるコンテンツの生成は、マーケティングとファンエンゲージメントの新たな機会を生み出す。

出典:プレスリリース