ナレッジセンス(東京都港区)は、法人向けGPTサービス「ChatSense」の画像入力機能が1000回の利用を突破したと発表。この機能により、日本語の文字起こしやコード生成などが可能になる。

2024年6月4日から、ChatSenseのビジネスプランユーザーが画像入力機能を使用できるようになった。詳細は公式サイトで確認できる。https://chatsense.jp/?utm_source=100

ChatSenseは、東証プライム上場企業を含む300社以上で導入されている。画像入力機能は、文字起こし以外にも多様な用途で利用されているという。

ChatGPTの画像入力機能は、GPT-4のタブから画像をアップロードするだけで使用可能。リリース後10日で1000回の利用を記録し、今後も利用が増えることが期待されている。

出典:プレスリリース