ナレッジセンス(東京都港区)は、法人向けGPTサービス「ChatSense」に「画像認識」機能を追加した。この機能により、日本語の文字起こしやコード生成などが可能になる。詳細は公式サイトで確認できる。

「ChatSense」は、セキュアな環境でChatGPTを利用するサービスであり、東証プライム上場企業を含む300社以上が導入。新機能は、ユーザーの要望に応えて開発された。

新機能の利用は、GPT-4のタブから画像をアップロードすることで開始される。OpenAIの「GPT-4o」を使用し、高精度な日本語読み取りが可能だ。

ChatGPTの「画像認識」機能により、ホワイトボードの文字起こしやスケッチからのコード生成など、多様な業務が効率化されることが期待される。活用事例は公式サイトで紹介されている。

「ChatSense」は、セキュリティー強化とコスト面での優位性を兼ね備えたサービス。企業や官公庁、大学などで導入されており、AIの学習からチャット内容を守る機能などが特徴だ。初期費用無料で、最低利用期間の縛りもない。

出典:プレスリリース