リートンテクノロジーズ(ソウル市)は、2024年6月7日にプレシリーズBラウンドで28.4億円を調達したと発表。リード投資家としてBRVが参加し、Googleマップの「Waze」や「PayPal」に投資した実績がある。

他の投資家にはキャップストーン・パートナーズやIBK企業銀行、Zベンチャーキャピタルが名を連ねる。これによりリートンの累計調達額は50億円に達し、韓国内での生成AIプラットフォームとしての地位を強化。

リートンは「Bring AGI Close To People.Your First AI Agent.」をビジョンに掲げ、AIサービスの大衆化を目指す。3月にはサービス「wrtn」をアップデートし、「AI検索」機能を含むUX/UIを向上させた。

同社はユーザー体感性能を高める「AIコンパウンドシステム」の開発に注力。RAG技術やAIエージェント技術を活用し、LLMの限界を超えるサービスを提供する方針だ。

出典:プレスリリース