Lenovoは、企業向けAIの開発と導入を促進することを目的とした、エンタープライズAIソリューションスイートを導入した。これらのソリューションには、ターンキー サービス、ビジネス対応の垂直ソリューション、エネルギー効率に優れたイノベーションが含まれる。この拡張には、NVIDIAによる包括的なサービス、新しいAIイノベーターソリューション、エネルギー効率を維持しながらAI対応コンピューティングをサポートする第6世代のLenovo Neptune液体冷却テクノロジーが含まれる。

LenovoがIDCおよびNVIDIAと共同で実施した調査によると、生成AIは世界中のITおよびビジネス意思決定者にとって最優先の投資対象となっている。この新たな拡張は、生成AIの導入を推進するために3年間で10億ドルを投資するというLenovoのコミットメントに沿ったものだ。「Smarter AI for All」と名付けられたこの取り組みは、AI導入の過程全体を通じて、導入の簡素化、より迅速な成果の提供、パフォーマンスと効率の最適化を目指している。

レノボのハイパフォーマンスコンピューティングおよびAI担当副社長兼ゼネラルマネージャーのスコット ティース氏は、AIイノベーションへの道を簡素化し、実用的なアプリケーションを可能にするエンドツーエンドのインフラストラクチャーの重要性を強調した。レノボの製品は、世界中のさまざまな業界の顧客向けに、検証済みのAI対応ユースケースをサポートするように設計されている。

責任ある企業市民としてのLenovoの取り組みは、第18回年次環境・社会・ガバナンス(ESG)レポートでもさらに強調されている。このレポートでは、よりスマートなAIテクノロジーの主要プロバイダーおよび実現者になることを目標に、アクセス可能で包括的なAIを責任を持って管理するためのLenovoの取り組みについて詳しく説明している。

出典:プレスリリース