Lightblue(東京都千代田区)は、法人向けAIアシスタントSaaS「Lightblue Assistant」に新機能「マイアシスタント」を追加し、「独自データ連携機能」をアップデートした。これにより、企業は業務に特化したAIチャットサービスを容易に構築できるようになる。

「マイアシスタント」機能では、ユーザーが特定の業務や知識に特化したAIアシスタントを簡単に作成できる。また、新たなBox連携機能やファイルアップロード機能の追加により、多様なファイル形式との連携が可能となった。

Lightblueは、これらのアップデートにより、企業が高速かつ正確な回答を得られるようになるとしている。利用企業の業務効率化や意思決定のサポートに貢献することを目指す。

「Lightblue Assistant」は、ブラウザーやSlack、Teamsなどからアクセス可能で、企業独自のデータを活用した質問応答が行える。APIを通じたセキュリティー対策や、カスタマーサクセスチームによるサポートも提供される。

出典:プレスリリース