ルシッドワークスは、第2回年次生成AIグローバルBenchmark調査の結果を発表し、製造業におけるAIイニシアチブのわずか20%しか導入に成功していないことを明らかにしました。導入が遅いにもかかわらず、製造業者のほぼ半数がAIプロジェクトによるコストメリットを認めています。2,500人以上のAIテクノロジー意思決定者を対象にしたこの調査では、AI投資に対する慎重なアプローチが示されており、2024年にAI支出を増やす予定の製造業者は60%未満で、2023年に増やす予定だった93%から大幅に減少しています。

また、このレポートでは、さまざまな業界で AI プロジェクトの導入が遅れているという幅広い傾向も強調されており、過去 1 年間に AI イニシアチブを成功させた企業は 4 社中 1 社に過ぎません。セキュリティ、応答精度、コストに関する懸念が高まり、企業は AI 戦略の見直しを迫られています。特に製造業は、応答精度の問題に取り組んでいますが、AI が雇用喪失につながることへの懸念は最小限にとどまっています。

世界的に、AI 投資への熱意は冷めており、AI 予算の増額を計画している組織はわずか 63% で、前年の 93% とは対照的です。米国はやや楽観的で、69% の組織が支出を増やすつもりです。しかし、中国では劇的な減少が見られ、AI 投資を増やす予定のリーダーは 2023 年の全員一致の 100% から 49% に減少しました。

ルシッドワークスの CEO であるマイク・シノウェイ氏は、この調査結果についてコメントし、製造業者は生成 AI の潜在的な利点を認識しているものの、それがもたらす課題により、より慎重な投資アプローチが取られていると述べています。それにもかかわらず、報告されたコストメリットは、将来的にもっと前向きな見通しをもたらす可能性があります。この調査は、特に B2B および製造業の企業が、コストとリスクを効果的に管理できれば、生成 AI から大きな利益を得られる可能性があることを示唆しています。

出典:プレスリリース