MedISAOは、国家脆弱性データベース(NVD)の更新が中断される中、AIを活用した医療機器の脆弱性分析方法を導入した。医療機器のセキュリティー強化に注力するこの組織は、Microsoft OpenAI Azureサービスを活用して、NVD分析の遅延の影響を軽減している。この取り組みは、組織が引き続き脆弱性を効果的に管理し、対応できるようにすることを目的としている。

VulnCheckの報告によると、サイバーセキュリティーコミュニティーは、NVDによる新しい脆弱性の処理が遅くなったために課題に直面している。MedISAOの対応策は、NVDやMITREなどのさまざまなソースからのデータを処理するために、大規模言語モデル(LLM)を導入することだ。MedcryptのツールによってサポートされているこのAI駆動型システムは、強力なサイバーセキュリティー対策を維持するために不可欠な、継続的な脆弱性強化を提供することを目指している。

MedISAOのダニエル・ビアード氏は、NVDが完全な業務再開に向けて取り組む間、サイバーセキュリティーの回復力をサポートする暫定的なソリューションとして、AIを活用したサービスが重要であると強調した。革新的なソリューションを提供するという同組織の取り組みは、FDAとの更新された覚書によってさらに強化され、医療機器エコシステムのセキュリティーを強化するための共同の取り組みが強調された。

Medcrypt Inc.の一部門であるMedISAOは、サイバーセキュリティー情報の共有、教育、および業界向けに特別に設計されたツールを提供することで、医療機器メーカーコミュニティーに貢献し続けている。安全な医療機器の設計に重点を置くMedcryptは、著名な投資家から多額の資金と支援を獲得し、安全な医療技術ソリューションを推進する主要プレーヤーとしての地位を確立している。これらの取り組みとサービスの詳細については、MedISAOおよびMedcryptのウェブサイトをご覧ください。

出典:プレスリリース