Merlin Chain(本社所在地不明)は、Bitcoinのレイヤー2として、ZK-Rollupネットワークや分散型オラクルネットワークなどを統合したプラットフォームを展開している。Bitcoin用のEVM互換チェーンを構築し、Bitcoinの資産やプロダクトの拡張を目指す。同社は、Bitcoinレイヤー1のアセットをサポートし、フルオンチェーンdAppsの構築や資産運用に多様な選択肢を提供する。

MerlinChainは、そのエコシステムを拡大するために、MerlinSwapやMerlinStarterなどのプラットフォームを開発。また、PhantomUniCrossとのパートナーシップを通じて、BRCアセットの移行や流動性オプションを備えたマルチユーティリティブロックチェーンプラットフォームを提供する。Bitmapは、BRCメカニズムを活用し、LAND NFTの構築やBTCエコシステムの拡張を目指している。

Merlinのネイティブトークンである$MERLは、OKXやKuCoinなどの主要な暗号通貨取引所に上場することが決定。これにより、Merlin Chainはグローバルな投資家へのアクセスを拡大し、流動性と市場の認知度を高めることが期待される。

Skyland Ventures(東京都渋谷区)の木下慶彦CEOは、Merlin Chainのトークン上場を祝福し、Bitcoinのレイヤー2が新しい可能性を示しているとコメント。袁小航CSOも、Merlin ChainのソリューションがBitcoinのアクセシビリティ向上に重要だと述べ、次世代の金融インフラとしての地位確立を期待している。また、池田雅紀は、Merlin Chainの上場がBTCエコシステムの構築にとって大きな一歩であるとし、市場への新しい影響を楽しみにしている。

出典:プレスリリース