マイクロソフトは、人工知能と量子コンピューティングを通じて科学研究を強化することを目的とした新しいツールを発表した。同社の最新製品である生成化学と加速密度汎関数理論(DFT)は、化学物質の発見と分析のプロセスを大幅に高速化するように設計されており、これらのツールは、化学と材料科学向けにカスタマイズされたプラットフォームであるAzure Quantum Elementsの一部だ。

生成化学により、研究者は膨大なデータセットでトレーニングされたAIモデルを活用して、特定の用途向けの新しい分子を迅速に生成し、評価できる。このイノベーションにより、何世紀にもわたる化学研究がわずか数十年に短縮され、構想から実験室での合成までのより効率的な道筋が提供される。一方、Accelerated DFTは、これまで達成できなかった速度で分子の量子力学的シミュレーションを提供し、既存のDFTコードと比較して桁違いに高速な分析を可能にする。

マイクロソフトの進歩は、新しい分子の迅速な設計を可能にし、さまざまな業界に変革をもたらすだろう。これにより、消費財、医薬品、製造、エネルギーの各分野が大幅に改善され、緊急の社会的課題に対処できるようになる。同社は既にユニリーバと提携して、これらの技術を消費財のイノベーションに適用し、科学的ツールの実際的な影響を実証している。

近い将来、マイクロソフトはこれらの機能へのアクセスを拡大する予定だ。現在、科学者や開発者はプライベートプレビューでAccelerated DFTを研究している。Generative Chemistryは今後数週間で利用可能になる予定だ。マイクロソフトは責任あるAIと量子コンピューティングの実践に注力しており、これらの強力なツールが倫理的配慮と信頼に重点を置いて開発されることが保証されている。

ソース:Latest news - Source, Microsoft