みんがく(東京都目黒区)とKanauuu合同会社(宮城県大崎市)は、京都府の子育て支援プロジェクトに参加し、生成AIアプリ「NANDE」を用いた実証実験を行った。このプロジェクトは、不登校児童生徒への学習支援を目的とし、教育機会の拡大と質の向上を図るものである。人手不足の解消としても、生成AIの活用が検証された。

実証実験では、生成AIを活用して子どもたちの思考プロセスを可視化し、個別指導のようなAIコーチングを提供。これにより、学習塾の負担を増やさずに、不登校児童生徒の学習の質を向上させることが可能となった。詳細はみんがくのHPにて公開されている。

「NANDE」は、2023年に日本e-Learning大賞経済産業大臣賞を受賞。このツールは、生成AIを駆使して学習者のニーズに応じた教育を提供し、教育者が生徒の理解度や進捗を評価し、最適な学習プランを提案するのを助ける。

みんがくは今後も、生成AIの教育分野での利用可能性を探求し続ける。個別化された指導を提供し、全ての生徒が等しく教育の恩恵を受けられる環境を目指す。リモート学習や自立学習の支援にも「NANDE」が貢献し、日本の教育システムにおける生成AIの活用に新たな道を切り開くことに期待が集まる。

出典:プレスリリース