モトローラは、 Google Cloud と複数年にわたるパートナーシップを結び、最新の RAZR シリーズを含むスマートフォンのラインナップを高度な AI 機能で強化しました。Google Cloud Vertex AI やその他の AI モデルを搭載した Moto ai の統合は、さまざまなネイティブ アプリケーションでパーソナライズされた支援とスマート機能を提供することで、ユーザー エクスペリエンスを向上させることを目的としています。このコラボレーションにより、スマートフォンをより直感的で効率的なものにして、ユーザーとスマートフォンのインタラクションを再定義することになるでしょう。

モトローラのダン・デリー氏は、このコラボレーションに興奮を示し、Google の高度な AI テクノロジーのおかげで、Moto ai によってユーザーは簡単にコンテンツを生成し、デバイスをカスタマイズし、情報に素早くアクセスできるようになると強調しました。AI 機能は、コンテキストを認識して共同作業できるように設計されており、シームレスで生産性の高いユーザー エクスペリエンスを約束します。

導入されたイノベーションの中には、Magic CanvasとStyle Syncがあり、ユーザーはそれぞれカスタムグラフィックを作成したり、携帯電話のテーマを自分のスタイルと同期したりすることができます。Moto aiは、ユーザーのインタラクションから学習するように設計されており、将来的には、コミュニケーションの要約や重要な会話の詳細の呼び出しなどの機能を導入する予定です。

Google Cloud の Umesh Vemuri 氏は、ユーザーの生活を豊かにするデバイスを生み出してきた Motorola の歴史を称賛し、新しい RAZR スマートフォンは Google の AI を活用してスマートフォンの機能に新たな基準を打ち立てたと指摘しました。フラッグシップの RAZR+/Motorola RAZR 50 Ultra を含む AI 強化型 RAZR スマートフォンは現在、一部の市場で販売されており、北米、インド、アジア太平洋の一部でまもなく予約注文が開始されます。

出典:プレスリリース