Movable Inkは、AIネイティブのパーソナライゼーションソリューションであるDa Vinciに大幅な機能強化を導入し、グローバルなバッチメッセージング プログラムが顧客とつながる方法を変革することを目指している。CEOのVivek Sharma氏は、クリックスルー率が2%で停滞していることから、より効果的なエンゲージメント戦略の必要性を強調した。Da Vinciの新機能は、個々の顧客の好みに対応できるように設計されており、それによって収益を増やし、より強力な顧客関係を育む。

プラットフォームの最新のアップデートには、Creative IQ、Messaging IQ、Performance IQという3つの新しいコンポーネントが含まれている。Creative IQは、AIを活用して各顧客の独自の関心に合わせてコンテンツをカスタマイズし、一時的なコンテンツの最適化、件名の生成、多目的の最適化などの機能を使用してビジネス成果を向上させる。Messaging IQは、メッセージのタイミングと頻度を最適化してエンゲージメントを強化し、メッセージの疲労を軽減することに重点を置いている。Performance IQは、高度な分析およびレポートツールを提供し、クリエーティブ アセットのパフォーマンスとオーディエンスのエンゲージメントの傾向に関する洞察を提供する。

Da Vinciのアプローチの中心となるのは、ディープラーニングと予測AIを使用してパーソナライズされたコンテンツとメッセージングを提供する顧客中心のモデルだ。このプラットフォームは、顧客に新しい製品や体験を紹介することを目的としており、まるで顧客の受信箱にパーソナルショッパーがいるかのようだ。さらに、Movable Inkは、主要なメールサービス プロバイダーとの今後の統合により市場での存在感を高め、その範囲と機能をさらに拡張している。ニューヨーク市に本社を置く同社は、革新的なソリューションで世界中の多様な顧客基盤にサービスを提供し続けている。

出典:プレスリリース