MS&ADホールディングス(東京)とHEROZ(東京)は、保険業務の効率化と高度化を目指し、生成AIの共同検証を行った。大規模言語モデル(LLM)と大規模視覚モデル(VLM)の基盤構築に成功し、今後のAI技術の検証を進める方針だ。

MS&ADホールディングスは、社内の業務効率化を図るため、全社員が生成AIを利用できる環境を整えた。しかし、大規模データの参照精度や映像・画像データの取り扱いに課題があったため、HEROZとの共同プロジェクトを開始した。

共同検証では、オープンソースソフトウェアを用いたLLMの選定やファインチューニングを行い、MS&ADグループ独自のデータに基づく追加学習を実施。これにより、独自生成AIモデルの構築・運営が可能となった。

検証の成果として、MS&ADグループは独自の生成AIモデルを簡便に構築できるようになり、QAチャットの実施が可能に。今後は、LLM/VLMに追加学習させることで、高度な業務支援アプリケーションや新しいリスクソリューションの開発が期待される。MS&ADホールディングスとHEROZは、保険業界の発展に貢献するため、生成AIの活用を目指し続ける。

出典:プレスリリース