Neural Conceptは、Forestay Capitalが主導するシリーズB資金調達ラウンドで2,700万ドルの巨額を確保した。この投資には、D. E. Shawグループや複数のリピーターも参加しており、同社の技術的優位性を強化し、ヨーロッパ、アジア太平洋、米国などさまざまな地域で高まるサービス需要に対応するための拡大を支援することを目的としている。

2018年に設立されたスイスを拠点とするこの企業は、3Dディープラーニングを使用して製品設計を強化する最前線に立っており、自動車、マイクロエレクトロニクス、航空宇宙、エネルギー分野の60社を超える顧客にサービスを提供している。顧客にはエアバスやゼネラルエレクトリックなどの有名企業が含まれており、同社のプラットフォームはいくつかの大手OEMの製品開発プロセスに不可欠なものとなっている。

Neural Conceptのプラットフォームは、データサイエンス、シミュレーション、設計チーム間のコラボレーションを向上させるように設計されており、製品開発とシミュレーション プロセスを大幅に迅速化することを目指している。この技術は、製品開発期間を最大75%短縮し、製品シミュレーションを10倍高速化し、製品機能を最大30%強化したと評価されている。

最近の資金調達ラウンドは、Neural ConceptとNVIDIAの提携に続くもので、NVIDIAのGPUとソフトウェアでのディープラーニングモデルのパフォーマンスを強化することを目指している。投資家はNeural Conceptの革新的なアプローチに信頼を寄せており、Forestay CapitalとD. E. Shawグループは同社の業績と、製品エンジニアリングを世界規模で変革する可能性を称賛している。

出典:プレスリリース