Nicebuild は、AIボイスレコーダー「PLAUD NOTE(プラウドノート)」に新たな機能を追加した。この製品は、ChatGPTと連携し、発言者識別機能とカスタムテンプレート機能を搭載している。これにより、ユーザーはより個別化された文字起こしと要約を作成できるようになる。

新機能の一つである発言者識別機能は、スライドスイッチを操作するだけで発言者を自動で識別し、ラベル付けする。これにより、整理された文字起こしを生成できる。また、発言者名の一括編集機能も備えており、一度の入力で同じ音声データ内の他の発言にも自動で名前が付けられる。

もう一つのカスタムテンプレート機能では、ユーザーがプロンプトを入力して独自のテンプレートを作成できる。ChatGPTに指示を出すように細かな設定を行うことで、研修や学会、セミナーなどさまざまなシーンに合わせた要約が可能になる。これらの新機能は、公式ストア(https://jp.plaud.ai/)で購入可能な年間プロプランで利用できる。

出典:プレスリリース