シリコンバレーのジェネレーティブ AI のイノベーターである NinjaTech AI は、研究や会議の調整などの複雑なタスクを自律的に処理するように設計された高度なパーソナル AI システム Ninja を発表しました。同社は、AWS の Trainium および Inferentia2 機械学習チップとAmazon SageMaker のパワーを活用して、独立して動作できる AI エージェントを作成し、ジェネレーティブ AI を日常のワークフローに統合することで生産性を向上させました。これらのエージェントは複数のタスクを並行して実行できるため、ユーザーは遅延なく継続的に新しいタスクを割り当てることができます。

同社の CEO である Babak Pahlavan 氏は、AWS の Annapurna Labs とのコラボレーションが極めて重要であったと述べ、Trainium および Inferentia2 チップの統合の容易さ、拡張性、コスト効率を称賛しました。これらのチップは大規模な言語モデルをサポートし、従来の GPU に比べて大幅な節約とエネルギー効率を実現します。AWS からの技術サポートも、同社の高度な技術能力の開発に役立っています。

NinjaTech AI の AI エージェントは、強化学習などの技術によって精度と速度が微調整された、高度に専門化された大規模言語モデルを搭載しています。AWS 独自のチップテクノロジーは、高速でスケーラブルなトレーニングバーストとコスト効率の高いコンピューティングパワーを提供することで、これらのモデルのトレーニングの課題に対処します。このイノベーションとAmazon SageMaker のオープンソースモデルのサポートを組み合わせることで、AI エージェントのトレーニングが迅速かつ経済的になりました。

AWS の Annapurna Labs の Gadi Hutt 氏は、仕事や学習環境全体で生産性を向上させる AI エージェントの変革の可能性を強調しました。AWS は、NinjaTech AI がこれらの自律エージェントを市場に投入し、オープンソースの機械学習とフレームワークへの AWS の取り組みをさらに推進できるよう支援できることを嬉しく思います。NinjaTech AI による AWS Trainium と Inferentia2 チップの使用は、最先端の AI エージェントに不可欠な最先端の生成 AI プランナーとアクション エンジンの開発に同社が注力していることを強調しています。

出典:プレスリリース