Nota AIは最近、STIC VenturesやLB Investmentなどの著名な投資家が主導する最新のシリーズC資金調達ラウンドで、1,990万ドルという多額の投資を確保した。この最新の資金増額により、同社の設立以来の資金調達総額は4,260万ドルと驚異的な額に達しました。Nota AIのAI最適化および軽量化技術に対する革新的なアプローチは、韓国開発銀行やMirae Asset Securitiesなどの新しい投資家を引き付け、既存の利害関係者からの継続的な支援も受けている。

2015年に設立されたソウルを拠点とするこのスタートアップは、エッジおよびオンデバイス生成AI技術の最前線に立ってきた。Nota AIの初期の成功は、Naver D2SFからの最初の支援によって特徴づけられ、それ以来、顧客基盤が急速に拡大している。同社は新たな資金を得て、AI最適化の優秀な人材を採用し、ロボット工学やモビリティなどの業界で生成AI技術の応用を拡大することを目指して、世界有数のAI半導体企業とのパートナーシップを築く予定だ。

Nota AIはまた、2025年に予定されている新規株式公開(IPO)の準備も進めており、Mirae Asset Securitiesが引受プロセスを主導している。同社のCEOであるMyungsu Chae氏は、同社の成長軌道について楽観的な見方を示しており、2024年には売上高が大幅に増加すると予想している。Nota AIの戦略的コラボレーションと国際展開計画は、オンデバイスAIセクターにおける支配的な地位を固めることに向けられている。

同社の独自のプラットフォームである「NetsPresso」は、AIモデルをさまざまなデバイスとの互換性に合わせて最適化し、ハードウェア上で直接実行できるようにするのに役立っている。Nota AIとNVIDIAやARMなどの世界的なテクノロジー大手とのコラボレーションは、オンデバイスAIテクノロジーの進歩に極めて重要であり、同社を業界リーダーと並ぶ主要プレーヤーとして位置付けている。

出典:プレスリリース