NVIDIAは、複雑なAIモデルをサポートできるコンピューティングリソースの需要の高まりに対応し、企業の生成AIインフラストラクチャーを強化するためにCiscoと提携することを発表した。この提携により、NVIDIAの高速コンピューティングおよびAIソフトウェアとCiscoのネットワーク専門知識および堅牢なデータプラットフォームを統合したCisco Nexus HyperFabric AIクラスターソリューションが誕生した。このソリューションは、企業向けの生成AIの運用化を促進し、企業がデータと専門知識を活用して生産性と洞察力を向上させることを目指している。

新しいAIクラスターソリューションは、NVIDIA Tensor Core GPU上に構築されており、エンタープライズAIのオペレーティングシステムとして機能するクラウドネイティブ ソフトウェアプラットフォームであるNVIDIA AI Enterpriseを活用している。このプラットフォームは、AIアプリケーションの開発と展開を簡素化し、パフォーマンスとセキュリティーの最適化を保証する。さらに、NVIDIA NIM推論マイクロサービスが組み込まれているため、データセキュリティーを維持しながら基盤モデルの展開を加速し、AI開発と企業の運用ニーズのギャップを埋めることができる。

システムパフォーマンスとセキュリティーをさらに強化するために、Cisco Nexus HyperFabric AIクラスターソリューションにはNVIDIA BlueField-3 SuperNICとDPUが組み込まれている。これらのコンポーネントは、高度なネットワーク機能を提供し、インフラストラクチャーサービスのオフロード、高速化、分離を行う。BlueField-3 DPUは、AIネイティブの超分散型セキュリティーアーキテクチャーを提供するCisco Hypershieldソリューションもサポートしており、保護が必要なワークロードにセキュリティーを近づけることができる。

NVIDIAとCiscoは、ラスベガスで開催されるCisco LiveでAIテクノロジーを展示し、AI実装のベストプラクティスを共有する。このイベントでは、データ センターの接続性の変革と生成AIアプリケーションの導入に関するセッションが予定されており、NVIDIA、Cisco、その他のパートナーの専門知識を組み合わせてAIを高速化するための洞察を参加者に提供する。

ソース:NVIDIA Newsroom