NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏は、Databricks Data + AI Summit 2024でDatabricksのCEOであるAli Ghodsi氏と対談した際、アクセラレーテッドコンピューティングが企業のデータ処理に与える変革的な影響を強調した。Huang氏は、企業が膨大なデータリザーブから貴重な洞察を引き出す際に直面する課題に焦点を当てた。Databricks SQLのパフォーマンスとコスト効率の向上を目指して、NVIDIAのアクセラレーテッドコンピューティングとDatabricks Photonの統合が発表された。

NVIDIAとDatabricksのコラボレーションは、アクセラレーテッドコンピューティングと生成AIにおける両社の専門知識を組み合わせて、ユーザーにメリットをもたらすことを目指している。Huang氏は、Photonの機能を強化し、より高速でエネルギー効率の高いデータ管理を可能にするライブラリーを開発するための5年間の取り組みを明らかにした。Ghodsi氏は、GPUアクセラレーションを利用してNVIDIA GPUのコアデータ処理を改善するこのパートナーシップに熱意を示しました。

NVIDIAとDatabricksはパートナーシップをさらに深めるため、DatabricksのオープンソースモデルDBRXをNVIDIA NIMマイクロサービスとして提供開始した。このサービスは、さまざまな環境で動作できる、事前に構築された最適化されたコンテナを提供することで、生成AIモデルの導入を簡素化する。Huang氏は、これらのエンドポイントの作成の複雑さと、エンタープライズ開発者にもたらされる生産性の向上について指摘した。

最後に黄氏は、急速に進歩するテクノロジーの世界で遅れをとるリスクについて警告し、アクセラレーテッドコンピューティングと生成AIを採用するよう参加者に促しました。黄氏は、ジェネレーティブAIの急速な成長とデータ処理の加速化における大きな機会を挙げ、これらのテクノロジーにすぐに取り組むよう奨励した。

ソース:NVIDIA Newsroom