NVIDIA は、生成 AI モデルのパフォーマンス強化の最前線に立っており、企業にトークン生成の高速化、運用コストの削減、ユーザー エクスペリエンスの向上を実現する機能を提供しています。NVIDIA NIM 推論マイクロサービスは、さまざまな NVIDIA アクセラレーション インフラストラクチャにこれらのモデルを迅速に展開できるようにカスタマイズされています。NIM は、TensorRT-LLM 推論最適化エンジンと業界標準の API を活用することで、需要に応じて拡張できる低遅延、高スループットの AI 推論を実現します。

同社と著名な AI モデル プラットフォームであるHugging Faceとのコラボレーションは、開発者の導入プロセスを簡素化する上で大きな一歩となります。このパートナーシップにより、Llama 3 8B や Llama 3 70B などのモデルから始めて、数回クリックするだけで NVIDIA NIM を迅速かつ簡単に統合できます。NVIDIA の最適化機能と Hugging Face のユーザー フレンドリなインターフェイスの相乗効果により、開発者は好みのクラウド サービス プロバイダーにモデルを効率的に導入できるようになります。

NVIDIA の NIM は、優れたスループットを実現し、企業向けに最大 5 倍の高速トークン生成を実現する能力を実証しています。この機能強化は、トークン処理速度が収益の創出に直接関係する生成 AI アプリケーションにとって非常に重要です。さらに、 Hugging Faceの NIM エンドポイントにより、ユーザーはクラウド上でインスタンスを起動し、NVIDIA に最適化されたモデルを展開して推論を迅速に開始できるため、AI モデルの開発から実稼働への移行が効率化されます。

Hugging Faceとの統合プロセスはユーザーフレンドリーに設計されており、開発者は一連の簡単な手順で専用の NIM エンドポイントを作成できます。このプロセスには、適切なクラウド サービス プロバイダーの選択、インフラストラクチャの構成、展開用の NVIDIA NIM コンテナーの選択が含まれます。その結果、シームレスなセットアップが実現し、推論エンドポイントを数分以内に運用できるようになります。これは、生成 AI 分野における効率性の向上とイノベーションの促進に対する NVIDIA の取り組みを示すものです。

ソース:NVIDIA Developer Blog