NVIDIAの研究者はビジュアル生成AIの先頭に立っており、シアトルで開催されるCVPRコンファレンスで50以上のプロジェクトを発表する予定だ。彼らの研究は、画像や動画の生成から3D環境の解釈まで、さまざまなアプリケーションに及ぶ。彼らの論文のうち2つは、権威あるBest Paper Awardsの最終候補に選ばれ、この分野における同社の革新的な進歩を際立たせている。

同社の業績には、CVPR Autonomous Grand ChallengeのEnd-to-End Driving at Scaleトラックでの優勝が含まれ、自律走行車開発のための生成AIにおける同社の優れた能力を証明している。世界中の450件を超える応募作品の中から優勝した作品は、CVPR Innovation Awardも受賞した。NVIDIAの研究は、特定のオブジェクトやキャラクターの描写を簡素化し、プロのクリエイターの能力を高めるテキストから画像へのモデルにまで及ぶ。

NVIDIAのCVPRコンファレンスへの貢献には、オブジェクトの姿勢推定、神経放射フィールドの編集、ミームの視覚言語の理解における進歩も含まれる。彼らの研究は、アーティストの創作プロセスを迅速化し、自律製造ロボットのトレーニングを改善し、医療専門家が放射線レポートを処理するのを支援することを約束している。NVIDIAの学習および知覚研究担当副社長であるJan Kautz氏は、さまざまな業界における生成AIの変革の可能性を強調した。

研究発表に加えて、NVIDIAはCVPRでNVIDIA Omniverse Cloud Sensor RTXを発表した。この新しいマイクロサービスセットは、物理的に正確なセンサー シミュレーションを通じて、完全に自律的なマシンの開発を促進するように設計されている。NVIDIAの大規模な研究チームは、AI、コンピューターグラフィックス、ロボット工学の限界を押し広げ続け、技術革新のリーダーとしての地位をさらに固めている。

ソース:NVIDIA Newsroom