NVIDIA は、デジタル ヒューマンの作成を強化することを目的とした ACE 生成 AI マイクロサービスの一般提供を発表しました。このテクノロジは現在、カスタマー サービス、ゲーム、ヘルスケアなどの分野で、さまざまなアプリケーション向けのリアルなデジタル キャラクターの開発に活用されています。このスイートには、音声認識、テキストから音声への変換、言語理解、リアルな顔のアニメーションなどのツールが含まれており、ボディ ジェスチャ生成や RTX AI PC 用の小さな言語モデルなどの新機能もまもなくリリースされます。

同社は、デバイス上での使用向けに設計された初の小型言語モデルへの早期アクセスにより、1億台のRTX AI PCおよびラップトップへの提供を拡大しています。この動きは、PCへのACEテクノロジーの展開を効率化するNVIDIA AI Inference Manager SDKによって補完されます。これらの機能を紹介するインタラクティブな技術デモが現在、COMPUTEXトレードショーで展示されています。

さまざまな企業がすでに NVIDIA の ACE テクノロジを活用しています。Aww Inc. は、バーチャル セレブリティ Imma のリアルタイム アニメーションに Audio2Face マイクロサービスを使用しています。Perfect World Games は、インタラクティブ AI NPC 向けの新しいゲームに ACE を組み込んでおり、Inventec はこのテクノロジを使用してバーチャル ヘルスケア コンサルテーションを強化しています。ServiceNowは、生成型 AI サービス エージェントのデモで ACE の可能性を示し、Dell Technologies は ACE を使用したデジタル アシスタント向けソリューションを発表しました。

NVIDIA はまた、スタートアップによる同社の生成 AI ツールの使用を祝い、これらの技術を使用して作成された CEO のデジタル アバターを強調しています。複数の言語を話すこのアバターは、AI 音声技術によって作曲されたテーマソングとともに、COMPUTEX 2024 で披露されました。開発者は現在、RTX AI PC 向けの ACE NIM マイクロサービスへの早期アクセスに登録でき、サーバー展開オプションはすでに生産されています。

ソース:NVIDIA Newsroom