NVIDIA は、大手コンピューターメーカーと連携して、AI ファクトリーとデータセンターを強化するために設計された Blackwell アーキテクチャを搭載したシステムスイートを発表しました。この発表は、業界のアクセラレーテッド コンピューティングへの移行を強調した NVIDIA の CEO である Jensen Huang 氏によって COMPUTEX 基調講演で行われました。ASRock Rack、ASUS、GIGABYTE などの企業が開発した新しいシステムは、さまざまな分野で AI 主導のイノベーションを促進することを目的としています。

新しい製品は、シングルからマルチ GPU、x86 から Grace CPU までのプロセッサの構成を特徴とする幅広いアプリケーションに対応しています。これらのシステムには、空冷から液体冷却まで、さまざまな冷却技術も組み込まれています。NVIDIA の MGX™ モジュラー リファレンス デザイン プラットフォームは、大規模言語モデル推論やデータ分析などのタスクに最適化された GB200 NVL2 プラットフォームを含む Blackwell 製品をサポートするようになりました。

NVIDIA の MGX アーキテクチャは、メーカーが 100 を超えるシステム設計を作成するためのリファレンスを提供し、開発プロセスを合理化します。このアーキテクチャは、独自の CPU ホスト プロセッサ モジュール設計を導入する予定の AMD と Intel によってサポートされています。Blackwell ラインナップの一部である GB200 NVL2 は、MGX プラットフォームの恩恵を受けており、既存のデータ センター インフラストラクチャに統合するためのさまざまなシステム構成とネットワーク オプションを提供しています。

半導体リーダーの TSMC やさまざまな電子機器メーカーを含む NVIDIA のエコシステムは、サーバー ラックや冷却ソリューションなどのコンポーネントを備えた AI ファクトリーの作成をサポートしています。このコラボレーションにより、NVIDIA のネットワークおよびインフラストラクチャ テクノロジによって強化された新しいデータ センター インフラストラクチャの迅速な開発と展開が可能になります。さらに、企業は NVIDIA AI Enterprise ソフトウェア プラットフォームを生成 AI アプリケーションに活用できます。

台湾では、大手企業が AI 機能の向上のために NVIDIA の Blackwell プラットフォームを採用しています。長庚記念病院は、バイオメディカル研究と臨床ワークフローの改善にこのプラットフォームを使用する予定であり、電子機器大手の Foxconn は、電気自動車、ロボット工学、パーソナライズされた顧客サービス向けの AI を活用したソリューションを開発する予定です。

ソース:NVIDIA Newsroom