Operaは、GoogleブラウザーAIの機能強化を目指して、Google Cloudとの戦略的パートナーシップを発表した。Google CloudのGeminiモデルを統合することで、マルチLLM Composer AIエンジンで駆動するOperaのAriaブラウザーAIは、ユーザーにさらに高度でカスタマイズされたオンラインエクスペリエンスを提供できるようになる。このコラボレーションは、ブラウザー インテリジェンスの最適化に向けたOperaの取り組みにおける重要な一歩となる。

Google CloudのGeminiモデルをOperaのAriaブラウザーAIに統合することで、最新の情報を高い効率で提供できるようになる。OperaのブラウザーAIに対する独自のアプローチでは、各タスクに最も適したモデルを選択し、シームレスで応答性の高いユーザーエクスペリエンスを保証する。このパートナーシップは、両社の長年にわたる関係に基づいており、両社ともこの協力によりOperaのブラウザーAIサービススイートにもたらされる強化された機能に熱意を示している。

OperaのAIイニシアチブは拡大を続けており、ゲームに特化したOpera GXを含む全ての主力ブラウザーで、最新のブラウザーAI機能へのアクセスが提供されるようになった。同社はまた、AIプログラムの急速な成長をサポートするために、アイスランドにグリーンエネルギーを利用したAIデータクラスターを設立した。さらに、OperaのAI Feature Dropsプログラムでは、早期導入者を招待して、Opera One Developerブラウザーで最新のAIイノベーションを試してみることができる。最新のAI Feature Dropには、Google CloudのImagen 2モデルを使用した無料の画像生成と、会話のようなテキスト音声変換機能が含まれており、この深まったパートナーシップの可能性を示している。

出典:プレスリリース