オーランドで開催されたQlik Connect 2024イベントで、Qlik AI Councilは、データ整合性の確固たる基盤なしに人工知能を採用することの危険性について企業に警告した。業界の専門家パネルは、データの品質を見落とすと、業務上の障害、規制違反、および多大な経済的影響が生じる可能性があると警告した。彼らは、効果的で、成果を重視し、リスクの少ないAIイニシアチブをサポートするために、堅牢なデータ基盤を確立することの重要性を強調した。

Qlik AI Councilは、AI戦略におけるデータ整合性の重要性を無視する企業にとって、2つの重大な危険があることを確認した。第1に、データと分析基盤が不十分なためにAIの導入が遅れると、企業は競合他社に遅れをとり、重要な機会を逃す可能性がある。第2に、データの品質を確保せずにAIを急いで導入すると、ガバナンスの問題、規制違反、非効率性、不完全なデータに基づく意思決定につながり、財務上および評判上の損害を引き起こす可能性がある。

Rumman Chowdhury博士やNina Schick氏を含むQlik AI Councilの専門家は、信頼を育み、テクノロジーが全てのユーザーに利益をもたらすようにするために、AI開発に透明性、公平性、説明責任を組み込むことの必要性を強調した。また、誤報を防ぎ、デジタルコンテンツの完全性を保護するために、生成AIに対する一般の信頼を維持することの重要性も強調した。

2024年1月に結成されたQlik AI Councilは、進化するAI環境に関する継続的なガイダンスを提供している。著名なAIおよび倫理の専門家で構成されるCouncilは、研究開発とソリューションに関するアドバイスを提供し、倫理的で顧客と社会のニーズに沿ったAIイノベーションを推進している。彼らの洞察は、高い整合性基準を維持しながら大きなビジネス成果を達成するAIソリューションをQlikが提供していく上で不可欠だ。Qlik Connect 2024でのCouncilの洞察は、AIテクノロジーの可能性を最大限に引き出す上でデータの整合性がQlik重要な役割を強調した。

出典:プレスリリース